上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
txt_30_thanks.gif ご拝読ありがとうございました。m(_ _)m
お手数ですがご支援ポチもよろしくお願いします☆
 
banner (3) ブログ村へポチ☆

Merci☆Auvoirハート1 

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

懐かしのColorful

昨日まで好い感じに快適な秋を満喫していたのに
また暑さが戻ってきてますね。


それでもひところのエアコン必須状況からは脱し、
扇風機のみで対処出来ているのだから、良しかな。



さて、

今日たまたま、ひかりTVの番組欄を観ていて、
日本映画専門チャンネルで2000年公開された
この実写版を観ました。

coloreful1.jpg


この本が先月アニメ映画化された記念の放映だったようです。


観た感想は、ありがちな・・・
本を読んだ時の自分が描いたイメージが強すぎて、
しかも時間が経ち過ぎ、どうもしっくり来なかった感じ。


最後のエンドロールで主演の少年が、田中 聖
(KAT-TUNのメンバー)の少年時代だったと判明し、
違う意味で感心した程度w



タイトルも誰の著書だったのかも憶えて無かったけれど
1998年当時私が富山に住んでおり、今と変わらず
ぶらりと訪れた大型書店で初版本をジャケ買いした本。

その程度ならいつものことなので記憶にも残らないところ、
読んでいる最中に二つ下の弟のことをリンクさせる節が多く、
燻っていた弟の開眼の助けになれば・・・と本をプレゼント
したことで、珍しく憶えていた本です。


あ、決してこの本の主人公のように実弟が自殺未遂を
冒したとかいうこととは全く違いますので、ご安心を。



それにしても、記憶というものの曖昧さには呆れましたw
私の記憶に難ありなのでしょうがw、タイトルを観て


『そうそう!あのカラフルな表紙の!!』


coloreful.jpg

・・・な~んて鼻息荒く思い出したつもりでネット検索したら、
ご覧の通り、黄色一色でやんのw( ̄∇ ̄;)

ワタシの記憶では、白い地に淡いパステルカラーの
カラフルな水玉がちらつく可愛らしいイメージだったのですがw




読んだ当初は太宰治やよしもとばななが好きな
アングラなワタシにもセンセーショナルな内容だったと
思うのですが、今日実写であらすじを追っていたら、
なんだかちっとも共感できず、大人になっちまったか~・・・と、
誇らしいんだか、寂しいんだか



複雑な気持ちでしたw



グリムス 絶滅動物
txt_30_thanks.gif ご拝読ありがとうございました。m(_ _)m
お手数ですがご支援ポチもよろしくお願いします☆
 
banner (3) ブログ村へポチ☆

Merci☆Auvoirハート1 

2 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。